So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

普天間「覚悟を持って決める」=5月末までに、首相言明−参院予算委(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は28日午前の参院予算委員会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「5月末までに覚悟を持って決めると言っている。覚悟を持って臨むということに尽きる」と述べ、5月末までに決着させる意欲を強調した。自民党の山本一太氏への答弁。
 山本氏が、決着しなかった場合は辞任するのかと質問したのに対し、首相は「仮定の話に答える必要はない」と述べた。 

【関連ニュース】
5月までの決着に期待=グレグソン次官補沖縄訪問へ
普天間、参政権で質疑=参院予算委
参院予算委の詳報
「政治とカネ」、小沢氏に触れず=自民との違い鮮明
普天間移設「民意は重い」=次期名護市長と会談

平均時速50キロが限界? =人類が走る最高速度−足の接地時間が制約・米大学(時事通信)
橋下知事「国防は国が判断するべき問題」(産経新聞)
川内原発で感電、3人重傷=点検作業中−鹿児島(時事通信)
負傷者7人に、1人は重体=川内原発点検中に火花−鹿児島(時事通信)
専門家委、来週中にも初会合=3プロジェクトチームも設置−政府税調(時事通信)

<電気カーペット>パナソニック電工製で焼損事故 リコール(毎日新聞)

 経済産業省は25日、松下電工(現パナソニック電工)製電気カーペットのコントローラー部分が焼損する事故が8件あったと発表した。けが人はいない。同社は対象製品約116万枚について、リコール(無償交換)を実施する。

 経産省と同社によると、昨年6月、千葉県内で製品を使用中にコントローラーの表面などが溶け、床が焦げる事故があった。同様の焼損事故が7件あり、いずれもコントローラー内の回路に設計ミスがあったためにショートし、異常発熱したのが原因とみられるという。

 対象製品は92年2月〜05年3月に製造された「ホットカーペ ゆかピタ」「ホッと畳」などナショナル松下電工ブランドで販売された7製品90機種(計約115万枚)と、93年2月〜95年12月に製造され「コープこうべ」と「大阪北生活協同組合」で販売されたコープブランドの5機種(EC−8233やEC−2334など計1万枚)。

 問い合わせは同社(0120・550・703)。

【関連ニュース】
派遣切り争議:提訴の女性、パナ電工と和解 地裁郡山支部
パナソニック:持ち替え不要 前も後ろもとがったアイロン
パナソニック:先行サムスン追い上げの構え
パナソニック:「環境革新企業」目指す…10年度経営方針
パナソニック:Skypeと提携 テレビ電話可能機種発売

<無理心中>妻と子供2人死亡 夫を殺人容疑で逮捕 大阪(毎日新聞)
小沢氏聴取、土地代原資の不自然説明追及へ(読売新聞)
障害者自立支援法 和歌山地裁和解へ(産経新聞)
<低額宿泊所FIS>新たに無届け2施設 行政監視及ばず(毎日新聞)
小池広報本部長、自民党の新ポスターを自ら監修(スポーツ報知)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。